小学校に上がる前に試したい早期教育

小学校に入る前に必要な早期教育とは

自由を獲得した人が目標のシュタイナー教育

早期教育にデメリットがある?

最近は、子どもの早期教育は早ければ早いほどいいという常識に疑いの目を持つ意見も少なくありません。ここでいう早期教育とは、語学学習や読み書き、計算などの、知的な学習についてです。幼児期には、あまりに複雑な学習は理解できず、余計なストレスにもなり得ません。その時間を遊びに使った方が総合的な発達には有益だという考えもあります。身体や感情の発達する大切な時期でもあり、個々の発達に合わせて遊びの中で、子どもが自発的に学習していくからです。もちろん、音楽やスポーツなどが身近な環境にいると自然に、特化した才能を身に付ける可能性もありますが、あくまで自発的に、子どもの自然な発達に合わせて身に付けていくこと大切でしょう。

よい早期教育とは

子どもの才能は遺伝と環境によってそれぞれ違ってくると言われています。そして、才能が開花する時期も、個々で違います。ついつい他人の子どもと比べてしまいますが、親が焦って子どもの成長をかえって妨げてしまうことになりかねないので気をつけましょう。
早期教育というのは、英語やスイミングなどの習い事をことをさせることだけではありません。夢中で遊ぶことや日々の生活習慣を身に付けることが、幼児期に必要な教育なのです。その中で「できた」という成功体験をできるだけ多くさせてあげましょう。そして、この時期は生命維持のための脳が育つ時期であり、それには眠ることがとても大切です。習い事で忙しく、睡眠不足ということにならないようにしてあげましょう。


このコラムをシェアする